スポンサーリンク

プロフィール

profile-tabinbolifeプロフィール

プロフィールをご覧頂いただき、誠にありがとうございます。
当ブログを書いているDaichiです。
簡単な自己紹介や経歴を書きたいと思います。

スポンサーリンク

簡単な自己紹介

名前:Daichi

出身:兵庫県

趣味:旅行、古い街並み散策、サッカー観戦、映画鑑賞、プレスコイン収集

渡航歴:54か国、約250都市(アジア、中近東、東西ヨーロッパ、アメリカ大陸、オーストラリア、北アフリカなど)

職業:宿泊業(神戸でゲストハウス型の宿泊施設を営んでいます)

経歴

profile-1

幼少期から小学生時代

生まれも育ちも兵庫県です。
亀田三兄弟系の元気者が沢山いる賑やかな漁師町がある校区で子供時代を過ごしました。

子供の頃は、水泳、バスケ、習字、くもん、ピアノ、絵、体操を習わされていましたが、自ら進んで習ったものは一つも有りません。身についたのは水泳とバスケだけです。

ゲーム以外の趣味は、テレビで国内外の風景を見ること、ハリウッドのアクション映画を見ることでした。
あとは日本家屋が好きだったので、少し変わった子供だったと思います。

小学生の時、父親がジャンケン大会で手に入れた旅行券で訪れたハワイに衝撃を受け、外国の文化に強く興味をもつようになりました。

小学三年生の進級文集では、生意気に「将来の夢は、アメリカ合衆国のディズニーワールドにいくことです。」と書いていました(20年後、27歳の時に訪問しました)。

profile-tabinbolife-1

中学以降の学生時代

中学に入学後は全ての習い事から解放されるはずでしたが、軍隊式のバスケットボール部に入部してしまい、自由な時間がほとんどありませんでした。
中学は部活をしていたという記憶だけが残っています。

ちなみに中学在学時の進路面談では「祖父が営む建築会社で働く」と毎回答えていました。当時は、なんとなくそこで働きたいと思っていました。
でも今思えば、祖父のように好きな仕事に打ち込みながら、いきいきとした人生を送りたいと考えていたのだと思います。
孔子の「好きな仕事をすれば、一生働かずに済む」という名言を思いっきり信じていた、とても純粋な青少年でした。

しかし、当然ながら親に「高校ぐらいは出ろ」と大反対され、地元の高校に進学。
高校卒業後こそは祖父の会社に就職したいと思っていましたが、そこでも反対を押し切れず、急遽高三になってから進路を進学に変更しました。
受験対策なんて一切していなかったので、全て一からの学習です。
そのなかで基礎中の基礎から英語を勉強し、大嫌いだった世界史にはまり、興味がなかった国々に強く惹かれるようになりました。これがちょっと今に繋がっているのかもしれません。

大学入学後、祖父の会社で働くという計画はなくなり、在学時は特にやりたい事があるわけでもなく、リーマンショックとほぼ同時に就職活動が始まりました。

苦悩のなかでなんとか内定をもらった会社には入る気にもなれず、わがままを言って就職浪人する事にしました。どうせやりたい事がないなら少しでも安定した会社に入ろうと思ったからです。
次の年、それなりに安定した会社から内定をもらい、入社を決めました。

結局、高校にも行かないはずが人よりも長く学生時代を過ごしてしまいました。

突然やりたい事が見つかる

内定をもらってから入社するまでの間に一人で海外を放浪していた際、まだ日本国内では物珍しかった「ゲストハウス・ホステル・バックパッカーズ」といわれるスタイルの宿に滞在しました。

profile-tabinbolife-6

それまで海外でもホテルに泊まっていた私は、一般的な宿とは全く異なる独特な宿泊スタイルに衝撃を受けました。
全くやりたい事がなかった私ですが、その旅行中に「このゲストハウスという宿泊施設を地元でやりたい!」という思いが芽生え始めました。

世界中のあらゆる人に滞在して楽しんでもらいながら地元を案内できるって、私にとってはこれ以上ない最高の仕事だと思いました。

そして帰国後、すぐに宿の開業を決意。
まずはお金を貯めるため、日本社会を少しでも知っておくために内定をもらっていた企業に入社しました。

ちなみに卒業後に入社した企業は、新規開拓の営業がないといわれていましたが、見事に飛び込み営業課へ配属されました。
日本社会とやらでフルボッコにされながら、少しずつお金を貯め、毎日どうやったら宿をオープンできるのかを考えて調べ回っていました。

世界一周をスタート

25歳の時に結婚して、直後に夫婦揃って会社を退職し、住所不定無職となりました。

そしてついに「宿開業!」ではなく、世界一周をしました。宿開業の前にどうしてもやりたかったのです。
学生時代から企んでいた事ですが、ゲストハウスを開業しようと決めた時から、まず「世界の宿を見てからオープンしたい」と考えていました。

そして『世界の宿調査』という名目で世界一周をスタート。

profile-tabinbolife-2

帰国後

1年ほどで帰国する予定だったのですが、 いつの間にか予定を大幅にオーバーし、1年7か月後に帰国。

帰国した時は27歳でした。
その後、建設作業員のヘルパーをしながら大好きな姫路城の周辺でゲストハウスの物件を探し始めました。

この物件探しがなかなかうまくいかず、いつの間にか1年半以上の月日が経過。
そんなとき、姫路ではなく同じ兵庫県の神戸の物件でご縁がありました。

宿の開業を決めてから約7年が過ぎ、神戸でゲストハウス型の小さな宿泊施設「ガロホステル」をオープンしました。

profile-tabinbolife-4

現在、試行錯誤しながら宿を営んでいます。

人生は何があっても楽しんだもの勝ちだと思っています。

ブログについて

profile-tabinbolife-8

このブログでは、

•旅行(世界一周、海外旅行、国内旅行、一人旅、子連れ旅行)に役立つ情報
•宿の運営について

•人生観(日本人と外国人の考えや国民性、私の考え方)

•兵庫情報(穴場スポット、超おすすめのお店)

について実体験などを書いています。

世界一周については、実際にスタートするまでの3年以上に渡って調べた膨大な世界一周情報が有り余っています。世界一周中は毎日出費や宿情報を書き、今まで温めていたのでこの際に全て公開していきたいと思います。
世界一周をしたいと考えている人に少しでも参考になれば嬉しいです。
もちろん世界一周だけでなく、今までに培った旅のお役立ち情報もお伝えいたします。

一人旅や子連れ旅行については、実際に体験した内容とお役立ち情報を書きたいと思います。

宿泊運営については、主に私が営んでいるゲストハウスで実際にあったこと、起こったことを書いています。

私は50以上の国に訪問した経験があり、ゲストハウスには海外からのお客様にもご滞在頂いているので、毎日色んな方から様々なお話しをお聞きします。
そのなかで国や地域によって全く違う感性や考え方を目の当たりにし、衝撃を受けることもあります。
そんな内容も含め、日本人と外国人の人生観の違い、そして私の考えについても書きたいと思います。

旅行情報や宿運営の情報だけでなく、このブログを通してプラスになる情報をお伝えできれば幸いです。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

略歴

profile-tabinbolife-9
祖母と親族 姫路城で撮影

1987
兵庫県の子午線とタコが有名な街に生まれる(以降、ずっと地元)。

1996
小学三年の進級文集で「将来の夢はアメリカ合衆国のディズニーワールドにいくことです。」と、全然仕事ではない夢を書く
なぜか、すでにその頃から海外に興味をもつ

1999
父親がじゃんけん大会でゲットしたハワイ旅行券でパンピーながら初海外でハワイを訪れ、海外に目覚める

2000’s 
中学卒業後は祖父の営む建築関係の会社に就職
するつもりでしたが、親の反対で地元普通高校の普通学科に入学

高校卒業後に就職
するつもりが一転、地元大学普通学科に進学。

学生時代に長期でヨーロッパを放浪し、当時国内にはあまり浸透していなかったゲストハウスにはまり、宿泊施設の開業を目指す。同時に世界一周も目論む

2010’s
営業は滅多にないといわれた会社に入社し、貿易事業部の飛び込み営業課に配属され、ピンポン押しの日々

2013
25歳で結婚し、直後に夫婦揃って住所不定無職になる

2014
年明けから世界一周

2015
1年7か月ぶりに帰国し、宿の物件を探し始まるが民泊ブームで宿開業の物件が見つからず。建築業のヘルパーアルバイトをしながら1年半ほど物件を探す

2017
ついに神戸で物件を見つけて小さな宿を開業(宿をすると言い始めて7年経過していました)

現在
試行錯誤しながら宿を運営しています 

 

趣味

profile-tabinbolife-10

・プレスコイン収集
・サッカー観戦
・日本家屋&古い町並み散策
・国民性や考え方を知る

渡航歴

profile-tabinbolife-8

東アジア、東南アジア、南アジア、中東、東西ヨーロッパ、北アフリカ、南米、北中米、北アメリカ、ハワイ、オーストラリアなど、54か国に訪問。

アジアのような混沌とした場所も好きですが、定番リゾートのハワイも7回ほど訪れています。
一番好きな国はポルトガル、一番好きなエリアは南アメリカ、もしくはハワイです。

今一番行きたい国は、スリランカです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました