スポンサーリンク

行って良かった国ランキング!ベスト10【海外旅行】

ranking-best-countries-to-travelランキング

今まで旅行で訪れた54カ国と約250都市のなかで、良かった国や場所、食事、宿などを書いていこうと思います。

まず今回は、行って良かった国ランキングを書きたいと思います

勿論、今まで訪れた国のほとんどが行って良かったと思っていますが、全部書くと限りがないので10か国だけ厳選しました。

スポンサーリンク

第10位 ネパール

ranking-best-country-to-travel-10

観光やアウトドアは勿論のこと、安くておもしろい雑貨屋やアウトドアのレプリカ店があったりと、買い物まで楽しめました。
また、安くて美味しい日本食レストランが多いので、日本食しか食べれないという人も問題ないかと思います。
ネパールで最初に訪れたポカラは、山や湖の大自然に囲まれた癒しの町でした。かなりクオリティの高い宿や日本食レストランも点在しています。インドでクタクタになった後に訪れたポカラは、まるで天国の様に感じました。
ヒッピーの聖地ともいわれる首都のカトマンズは、伝統的な街並みがそのまま残り、独特な雰囲気が刺激的でした。歴史地区のパタンは歩くだけでも楽しめる街です。
今度ネパールを訪れる機会があれば、国立公園のチトワンで野生の動物を見てみたいと思っています。

第9位 イタリア

ranking-best-country-to-travel-8

日本人にも人気が高いイタリアは、世界遺産の数が世界一の国です。
どの都市に行っても伝統的な建物があり、まるで古代や中世のヨーロッパにタイムスリップしたような感覚になります。
イタリアのなかで一番お気に入りの街は、水の都ベネチア。
定番ですがやっぱり良いと思います!二度訪れていますが、二度目も良いと思いました。他の都市にはない異世界感があり、人が作り出した街だとは思えないほど幻想的な雰囲気がたまりません。
食べ物は、お馴染みのピザ、パスタ、リゾット、ジェラートなど、文句無しで美味しい。
なかでもナポリで食べたピザは、「今まで食べたピザは何だったんだ」と思ってしまうほど絶品でした。

第8位 タイ

ranking-best-country-to-travel-9-2

南部にはプーケットやクラビ等のビーチリゾートがあり、中部には巨大都市バンコク、北部にはチェンマイやパーイなど、山々に囲まれた落ち着いた町があり、どこに行っても楽しめる国です。
プーケットの繁華街「パタン」は、想像をはるかに超えた規模のエンターテイメントな街で、度肝を抜かれたました。
チェンマイはタイ屈指のお寺の多い場所です。日本でいう京都の様な趣がある場所なので、散歩するだけでも楽しめます。
パーイでは、象に直乗りをして一緒に水浴びをするという日本ではまずできない体験もできました。
でもやっぱり一番のお気に入りは首都のバンコクです。観光、食事、買い物のどれをとっても良い。
タイ料理はパクチーが苦手だけど、パクチーなしのものは、かなり美味しいと思いまいsた。

第7位 アメリカ

ranking-best-country-to-travel-5

エンターテイメント部門では、間違いなく世界一の国だと断言できます。
何もない砂漠の中で眩しいほど光り輝く街ラスベガスや、ディズニーワールド&ユニバーサルスタジオの様な子供から大人まで楽しめるテーマパークの街、オーランドを作り出してしまうこの国は全てが規格外だと思います。
グランドキャニオンの様な大自然や西海岸のサンフランシスコやLAなど、万人ウケする観光名所は数えきれません。
まだまだ一部の場所しか行っていないので、いつか車で西海岸から東海岸まで横断してみたいと思っています。

第6位 マルタ

ranking-best-country-to-travel-7

イタリアと北アフリカのチュニジアの中間に位置し、東京23区の半分ほどの面積しかない小さな島国。
私が訪れたのは12月でしたが、パーカーで十分なほど温暖でとても過ごしやすかったです。
街並みは一見イタリア風なのかと思えば、どこか北アフリカらしい雰囲気もあります。
首都のバレッタは建物の一部がカラフルに塗られており、他の国にはないユニークな街並みでした。
夏はビーチリゾートとしても人気ですが、離島には透き通ったライトブルーのビーチがあります。
フランスやイタリアなど、他の有名な西欧諸国とはまた違ったヨーロッパを楽しむ事ができました。

第5位 スペイン

ranking-best-country-to-travel-2

スペインはヨーロッパですが、南へ行くほどアラビックの名残が色濃く残り、街並みも雰囲気も良い具合にミックスされていて、とても面白かったです。
観光大都市のバルセロナは、サグラダファミリアなど、ガウディの作品が街のいたるところにあり、見応えが抜群でした。
南部の街、セビリアは北部とは別の国の様に違った街並みが楽しめました。
スペイン料理は、どこで何を食べても美味しいと思います。
またいつか再訪したい国です。

第4位 ブラジル

ranking-best-country-to-travel-4

中長期旅行者のなかでも人気が高い南米は、アジアにもヨーロッパにもない独特な熱気と陽気さが魅力的でした。
ブラジルはそんな南米のなかでも一番南米らしいと感じた国です。
とにかく人が明るく、見ているこっちまで楽しくさせてくれます。
山の上に建つ巨大なキリスト像やカラフルな色を使った建物、鉄筋の近代的な教会など、今まで見たことがないような独創的なものが沢山ありました。
イグアスの滝やアマゾンなどの大自然を楽しめる場所も多くあり、見所満載の国です!

第3位 トルコ

ranking-best-country-to-travel-3

旅行者に人気が高いイスタンブールは、地理的にアジアとヨーロッパが交わる場所です。
確かに街を歩いていると、アジアらしさを感じる部分があるかと思えば、超ヨーロッパらしい場所もあります。
また、キリスト教徒が迫害を逃れて住み着いたという洞窟のカッパドキア、石灰棚田のパムッカレなど、他の国にはない自然遺産が沢山あることも魅力です。
トルコはおもてなしの文化が強く、適度に優しく接してくれる人が多いのでとても良い印象でした。
中近東では珍しく、観光客にしつこく絡んでくるような人もあまりいません。
親日的な人が多いという噂もありますが、日本人だとわかると色々と親切にしてくれる人も多いように感じました。
元々行きたかった国ですが、実際行ってみてさらに好きになりました。

第2位 メキシコ

ranking-best-country-to-travel-3

旅人からの評判を聞きつけて立ち寄った国です。
行ってみて本当に良かったと思います!
カンクンの様な超リゾートもあれば、歴史的な街や遺跡も多くあり、魅力溢れる国です。
一番好きな場所はユカタン半島のコスメル島。海が透き通っていてシュノーケル好きやダイバーには堪らない場所だと思います。
名物のタコスはどこで食べても文句なしに美味しいです。
具は海鮮や肉、野菜、牛タンなど様々で、毎日食べても全然飽きません。
訪れる前はニュース等のイメージから治安がすこぶる悪い国だと思っていたけど、観光地に限定して言うとそこまで悪い様には感じられませんでした。
むしろメキシコ人は陽気で親切な人がとても多く、好感がもてる国民性だと感じました。
まだまだ行っていない場所があるので、いつかまた絶対に行きたい国です。

第1位 ポルトガル

ranking-best-country-to-travel-1-3

街並み、雰囲気、人、食事、どれをとっても最高でした!
実際にポルトガルへ行った人からも微妙だったという話しは聞いたことがありません。
一番お気に入りの街は、ポルトガル第二の都市、ポルト。赤屋根と川がマッチしていて、街だけど街過ぎず、ゆっくりと時間が流れている感じがとても良かったです。
首都リスボンのような大都市でも忙しい感じがなく、過ごしやすい街で見所も多い。
食事は日本人の口に合うものが多く、何を食べてもハズレはなかったです。
南欧の人柄といえば、陽気で感情を表しやすいイメージがありますが、ポルトガル人はどちらかと言うと、ラテン系にしては温厚で優しい人が非常に多かったです。
ほとんどの人は英語が話せないけど、ジェスチャーで何かを教えてくれようとする人も多いです。
もともと興味があった国でしたが、実際に行ってみると最高でした。
永住したいと思ってしまうような素晴らしい国です。
まだ行ってない場所が沢山あるので、ポルトガルんにある全ての街や村をまわってみたいです。

まとめ

以上、良かった国ランキングはこんな感じです。

一つの国ごとに見るとこんな感じですが、エリアで言うと南米かハワイが一番好きです。何気にハワイは7回ほど訪れています。

南米は、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、コロンビアに訪問しましたが、微妙だった国はありません。
温暖な気候と大自然、魅力的な南米らしい街並み、あのラテンの陽気さなど、旅行者を惹きつけるものばかりだと思います。
ちょっと治安には気をつけないといけませんが、南米はお勧めしたい場所です。

次は国ではなく、具体的にどこの場所が良かったかを書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました