スポンサーリンク

エーゲ海『サントリーニ島』と『ミコノス島』の違いと感想【ギリシャ】

santorini-mykonos-difference海外旅行

エーゲ海のリゾート地『サントリーニ島』と『ミコノス島』を実際に訪れて感じたことや、両島の違いについて書いています。

ヨーロッパやその周辺の国には、真っ白な家々が並ぶ美しい街がいくつかあります。
下記の場所は、世界的にも有名な白亜の街です。

ギリシャ サントリーニ、ミコノス
スペイン ミハス、フリヒリアナ
イタリア アルベロベッロ
チュニジア シディ・ブ・サイド

そのなかでも特に随一の知名度を誇るのがギリシャのサントリーニ島ミコノス島ではないでしょうか。
この2つの島は、日本のテレビや広告、旅行会社のパンフレット等で見かけると思いますが、新婚旅行先としても人気です。

しかし、写真や映像ではどちらも似たような白い街並みなので、私は実際に両方の島を訪れるまでは何がどう違うのか、分かっているようでいまいちよく分かっていませんでした。

スポンサーリンク

サントリーニ島とミコノス島の違い

サントリーニ島
・ザ・超リゾート
・景色がダイナミック
・大きな街が2つあり、どちらも栄えている
・世界一といわれるサンセットが見れる
・豪華ホテルが点在

ミコノス島
・有名リゾートだけどローカル感がある
・繁華街もコンパクト
・迫力よりも可愛らしい景色が見れる
・中心街だけなら1日で町全体を歩く事も可能

どちらも同じように見える「サントリーニ島」と「ミコノス島」ですが、日本の観光地に例えると「京都」と「奈良」のようだと思います。

外国人からすれば、京都や奈良は写真や映像だけでは違いが分からないようですが、同じように日本人からするとサントリーニとミコノスの違いがわかりづらいと思います。
しかし、実際には京都と奈良が全く違う場所であるように、この2つの島も街の規模や造り、雰囲気は大きく異なります。

サントリーニ島は京都ほどではないですが、大きな街がある島です。
島内最大の街『フィラ(Thira)』と、世界一と称されるサンセットの街『イア(Oia)』が二大観光地ですが、それ以外にも小さな集落やビーチ、遺跡、ワイナリーもあり、リゾートらしい観光島です。

サントリーニを京都に例えるなら、繁華街のフィラは祇園、サンセットのイアは風光明媚な嵐山でしょうか(イアはフィラほどではないものの大きな街です)。

一方、ミコノス島は『ミコノスタウン(Mykonos Town)』という小規模な繁華街があります。
奈良の「ならまち」のように小さな集落ですが、そのコンパクトな町並みはとても風情があります。

ミコノスタウンの他に有名な場所がパーティービーチとしてヨーロピアンに人気の「パラダイスビーチ」です。
パラダイスビーチから船で行く事ができるゲイの聖地「スーパーパラダイスビーチ」も有名な様です(パラダイスビーチは訪れましたがスーパーの方は未訪問)。

サントリーニ島のこと

サントリーニ島の玄関口『アティニオス港』フェリーターミナル

サントリーニ島の玄関口でもあるアティニオス港(Athinios Port)フェリーターミナルは、サントリーニ島最大の街『フィラ』から4、5キロほど南に離れた場所にあります。

首都アテネ(ピレウス港)からやってくる有名な観光客船「ブルースターフェリー(Blue Star Ferries)」もアティニオス港に到着します。
私たちは南のロードス島からブルースターフェリーに乗って、アティニオス港に到着し、アテネ(ピレウス港)へ出発する際もこの船着き場を利用しました。

フィラの街のすぐ近くにオールドポート(Old Port)というもう一つの船着き場がありますが、大半の大型船はこちらではなく、アティニオス港に停泊するようです。

上記の船着き場は、両方ともこういう崖の下にあります。
荷物を持って歩くのは大変なので、船着き場(アティニオス港)からフィラや各方面への移動は基本的にバスまたはタクシーになると思います。
オールドポートからは観光用のロバに乗って移動することも可能です。

santorini-mykonos-5

これは荷物をもって徒歩で上る気にはなれませんでした。

santorini-mykonos-4

これでも上ろうと思いますか?
貧乏旅行の私たちでも流石に無理だと思いました。

santorini-mykonos-2

私たちは深夜にサントリーニ島へ到着したので、事前にホテルの格安ピックアップサービスを予約しており、下船するとすでに宿のオーナーさんが迎えに来てくれていました。
滞在したホテルについては後述しています。

フェリーターミナルは、深夜到着でも船内にはこんなに沢山の観光客で溢れかえっていました。
やっぱり世界的なリゾート地は一度にやってくる観光客の数が違いますね。

santorini-mykonos-107

サントリーニ島にはアテネから飛行機で来ることも可能です。

サントリーニ最大の街『フィラ』について

santorini-mykonos-1

サントリーニ島には大きく分けて「フィラ」と「イア」という2つの大きな街があります。

上写真のように、フィラの街は絶壁の上に建てられています。
サントリーニ島最大の街ですが、集落という様な規模ではなく完全に「街」です。

下写真は、フィラの街なかにあるショッピング通り。

santorini-mykonos-3

世界的に有名なブランドの専門店も点在しています。
一応値段をチェックしてみたのですが、有名なギリシャのアクセサリーブランド「フォリフォリ(Folli Follie)」は、日本で買うよりも圧倒的に安そうです。

私たちが訪れた9月はミドルシーズンで、まだまだ多くの観光客で賑わっていましたが、冬は閑散とするそうです。
静かなサントリーニを散策したい人は、ローシーズンの冬に行くのも良いかもしれないですね。

海沿いに建つ、インフィニティプールならぬインフィニティドア。
こんなお洒落なドア、いつ誰が思いついたのでしょうか。
ギリシャ人だけでなくイタリアやスペインにもいえることですが、やっぱりラテン人は考えがロマンティックすぎます。

santorini-mykonos-19

サントリーニ島のサンセットといえばイアが有名ですが、フィラも十分すぎるほど美しい夕日でした。

santorini-mykonos-24

世界一のサンセットが見れる『イア』

santorini-mykonos-6

イアは、世界一のサンセットが見れることで有名な街です。
サントリーニ島のなかでは2番目に大きな街ですが、フィラよりは少しだけ落ち着いている場所かと思いますが、それでも大きな街には違いありません。
ショッピングよりも風景を楽しむ場所ですが、大観光地なのでかなり賑やかです。

よく旅行会社のパンフレットで見る定番の風景です。

santorini-mykonos-8

もう街並みが絵本の中の世界ですね。

santorini-mykonos-104

サンセットタイムに見た大きな夕日です。
何もない水平線に太陽が沈んでいきます。

santorini-mykonos-10

イアの絶壁に建つ白い家々がオレンジ色に変わっていく模様は、控え目に言っても美しすぎる光景でした。

santorini-mykonos-9

太陽が沈んだ直後に見れる暗がりの景色も幻想的です。

santorini-mykonos-12

完全に暗くなると、まるで街全体が宙に浮いている様でした。

santorini-mykonos-13

サントリーニ島の郊外

サントリーニ島は大きな島なので、移動は公共バスやレンタカー、自転車等が必要です。
私たちは、宿泊したホテルと提携していたレンタルバイク屋でミニバイクをレンタルしました。

レンタルバイクで訪れたのは次の場所です。

内陸の小さな町 ピルゴス(Pyrgos)

santorini-mykonos-14

サントリーニ島には、フィラやイアのような大きな街以外に小さな町がいくつか点在しています。
私たちが訪れたピルゴス(Pyrgos)もそんな小さな町の一つです。

santorini-mykonos-15

とても静かで落ち着いた雰囲気がかなり良かったです。
特に何かあるというわけではありませんが、ゆったりとできる場所でした。
フィラやイアのような大きな街よりも小さな集落が好きだという人は、絶対好きになる場所だと思います。
とても癒される町並みでした。

ワイナリー サントワイン( Santo Wines)

santorini-mykonos-16

偶然見つけたので立ち寄ってみました。
訪れるまで全く知りませんでしたが、サントリーニ島を代表する有名なワイナリーだったようです。

santorini-mykonos-17

残念ながらバイクだったので試飲できませんでした。
とかかっこつけて言ってみたいですが、普段から全く飲めません…

santorini-mykonos-18

黒の砂浜 カマリビーチ(Kamari Beach)

santorini-mykonos-22

フィラから島の反対側にあるカマリビーチ(Kamari Beach)です。
私たちが訪れたのは9月だったので、泳ごうと思えば泳げる気温でした。
ただこの日は風が強すぎて即退散しました。服を着て普通に立ってても寒いぐらい。
ちなみにカマリビーチは別名「ブラックビーチ」というだけあって、確かに砂浜は黒かったです。

せっかくここまで来たので、カマリビーチ近くの崖の上にある展望台に行ってみました。

santorini-mykonos-23

ここはバイクが転倒しそうな突風でした!
風にもたれるカップル。

santorini-mykonos-57

たまたま近くにいた旅行会社のツアースタッフが「今日は風がやばいから早く帰った方が良い!」と教えてくれたのですぐに退散。

どこでも地元の人の話しは聞いておいて損はありません。

サントリーニで滞在した宿『Kalisperis Hotel』

santorini-mykonos-100

私たちは長期の貧乏旅行で訪れたので、滞在した所もかなりのリーズナブル宿です。
新婚旅行で訪れる人には無利益な宿情報ですのであしからず。

私たちが訪れたのは、フィラの街から4キロほどの場所にある『Kalisperis Hotel』です。

夜中にフェリー乗り場へ到着した私たちを10ユーロ(2人)という割安価格でピックアップしてくれました。
オーナーは親切なギリシャ人兄弟。ピックアップにきてくれたのは多分弟の方です。

部屋も清潔で小さな外庭まで付いていました。
トイレシャワー付きのダブルルーム、冷房付きで料金が超格安の1室20ユーロ。
勿論、料金はシーズンによって変動しますが、私たちが訪れたのは9月なので、まだミドルシーズンでした。
この料金でやっていけるのかなと思うほどのコストパフォーマンスたったので心配になりました。

しかもこの宿は知人のレンタルバイク屋とも連携しているので、ミニバイクを格安でレンタルできました。

ミコノス島のこと

santorini-mykonos-129

ミコノス島は、面積86キロ平米で人口は6200人ほどなので、面積も人口もサントリーニの半分ぐらいです。

ミコノス島の繁華街は『ミコノスタウン』です。
繁華街といってもサントリーニ島のフィラやイアと比べると小規模なまちです。

サントリーニほどダイナミックな景色ではないかもしれませんが、ミコノスの魅力はローカルな雰囲気を含んだこの迷路のような町並みです。

santorini-mykonos-41

こういう細い通りの雰囲気が最高に良い!

santorini-mykonos-26

写真を撮っていると、地元の赤ちゃんがよたよた歩きでピースしに来てくれました。
かわいすぎる!

santorini-mykonos-128

裏路地で遊ぶ子供達。

santorini-mykonos-131

ミコノス名物の風車が見えます。

santorini-mykonos-138

近くで見ると結構大きい!

santorini-mykonos-139

海も透き通っています。

santorini-mykonos-153

リゾートながらローカル感のあるミコノスタウンは最高でした!

実はこのミコノス島のミコノスタウンは、私が小学生の時からずっと来たかった場所でした。
小学三年生の進級文集で「将来の夢はアメリカ合衆国のディズニーワルドに行くことです」と書いていた私ですが、小学校高学年の時にテレビでこのミコノスタウンを見てから、世界一行きたい場所の一つになっていました。

長年思い続けた場所なので、期待し過ぎて実際に訪れた時にがっかりするのではないのかと思っていましたが、想像通りもしくはそれ以上に良かったです。

ミコノスタウン郊外のパラダイスビーチ

santorini-mykonos-102

ミコノスのパラダイスビーチといえばパーティビーチとして世界的に有名です。

私たちが訪れたのは9月だったので、まだ盛り上がっているかなと思っていましたが、意外すぎるほど静かでした。
パーティー状態になるのは、おそらく8月までの様です。

santorini-mykonos-103

ちなみにこのパラダイスビーチはヌーディストビーチです。
9月でもすっぽんぽんで遊泳してるおっちゃんがいました。

ここから船に乗って対岸に行くと、スーパーパラダイスビーチがあります。
ゲイが集まるヌーディストビーチです

サントリーニ島とミコノス島 どっちが良い?

どちらが良いかは目的や好みによるかと思います。

強いて言うなら新婚旅行で訪れる場合は、ダイナミックで感動的な景色に世界一の夕日があるサントリーニ島が良いかもしれません。
でも個人的にはサントリーニも最高でしたが、ミコノスはさらに良かったです。

一人旅やリゾートよりもローカルが好きな人はミコノスではないでしょうか。
もし時間があるなら両島とも訪れてほしい場所です。

 

エーゲ海・地中海のリゾート】の関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました