スポンサーリンク

超穴場の絶景ビュースポット『五鬼城展望公園』の展望台【神戸の穴場】

gokijo-observatory-kobe-top兵庫の穴場スポット

五鬼城展望公園はこんなところ
・神戸でトップクラスのビュースポット
・隠れ名所
・摩耶ケーブル駅から徒歩で行く事ができる

神戸のビュースポットのなかで特に有名な場所は、日本三大夜景として有名な摩耶山掬星台です。

他には六甲ガーデンテラス、ビーナスブリッジ、六甲天覧台などもありますが、いくつか穴場なビュースポットがあります。

今回は、その穴場ビュースポットのなかでも一番と言っても過言ではないビュースポットについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

五鬼城展望公園へのアクセス

まずは、摩耶山掬星台へ行き来する摩耶ケーブル駅へ向かいます。

公共交通機関を利用して三ノ宮から摩耶ケーブル駅へ行く場合は、バスが便利です。
神戸市バスの18系統で約25分ほどです。

また、JR三ノ宮駅の隣、JR灘駅から摩耶ケーブル駅まで行く場合は、坂バスという神戸市のバスが頻繁に出ています。

車で行く場合は、摩耶ケーブル駅には駐車場がないので、300メートルほど南にある山麓線という大通り沿いにコインパーキング(三井のリパーク)があります。

ちなみに摩耶ケーブル駅と山麓線の間は急な坂道になっています。

下写真が摩耶ケーブル駅です。

gokijo-observatory-kobe-1

上記写真は、東側から西側を撮影した写真です。

この通りを西側の突き当りまで歩きます。
その突き当りを南側(下り)へ20メートルほど歩くと右手に月極駐車場があり、下写真のような案内図があります。

gokijo-observatory-kobe-2

そこから道案内通りに歩いていくと、住宅街を抜ける細い道へ繋がっています。
上記写真の場所から一本道です。

gokijo-observatory-kobe-3

ハイキングコースらしくなってきました。

gokijo-observatory-kobe-4

ちなみに私は2歳0か月の子供を連れて行きましたが、最後まで登り切りました。
ただ、舗装されていない箇所もあるので注意は必要です。

gokijo-observatory-kobe-11

本当にここで合ってるのかな?
と不安になるかもしれませんが、所々で案内図も有ります。

gokijo-observatory-kobe-5

途中で鉄棒を発見。
ランニングついでに筋トレする人がいるようです。
実際に利用している人もいました。

gokijo-observatory-kobe-8

さらに上がっていきます。

gokijo-observatory-kobe-7

下写真の鉄筋が五鬼城展望公園の目印です。
この鉄筋を潜り抜け、右側へ行くと絶景スポットの五鬼城展望公園があります。

gokijo-observatory-kobe-9

下写真にある右側の鉄骨から潜り抜けてきます。
写真奥が五鬼城展望公園になります。
写真の手前側(写真を撮っている方)へ進むと摩耶山へと続いています。

gokijo-observatory-kobe-10

摩耶ケーブル駅から五鬼城展望公園までは、徒歩25分ほどだったかと思います。
今回は幼児連れだったので時間がかかりましたが、大人だけであればもう少し早く着くかと思います

五鬼城展望公園からの景色

五鬼城展望公園から見た神戸の景色です!

gokijo-observatory-kobe-12

大阪方面や関西国際空港まで一望できます!

gokijo-observatory-kobe-13

2歳児は何度か転びながらも元気に登り切りました。

gokijo-observatory-kobe-14

ここで持参していた弁当を食べました。
この絶景を見ながら食べるおにぎりは、いつも以上に美味しく感じました。

gokijo-observatory-kobe-15

定番の布引の滝とは違ったマイナースポットで景色は最高級です。

ちょっとしたハイキングに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました