スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症特別貸付を申請しました!

guesthouse-loanゲストハウス経営

日本政策金融公庫が「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業況悪化を来している企業に向けの貸付」を行っています。

対象となるのは「最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方」です。

うちの場合は、5%減少どころか5%以下に減少したので余裕で対象です。

金利は支払う必要がありますが、条件付きで全額返ってくるそうです。

ホームページに「ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0.9%」と書いてあるように返済時に利子補給されるので実質無利子となります。

こんな事って滅多にないと思います。

勿論、借りたお金を使わないに越したことはないですが、現状ではいつ回復するか見通しはつかないので利用させて頂く事にしました。

さっそく申し込み手続き

先月の3月28日に日本政策金融公庫に電話しました。

まず『中小企業事業』部署に電話しましたが、うちのような個人事業は『国民生活事業』の部署になるそうです。

相当混み合っていて、1回目の面会日は最短で3日後の4月1日と言われました。

昨年と一昨年の確定申告書と通帳の写しを持ってくるようにとの事でした。

4月1日
最寄の日本政策金融公庫神戸支店に訪問。

すでに新型コロナウイルス感染症特別貸付の相談で訪れた人が多くいました。

面談内容は業種や業績などに軽く聞かれた程度で用意した書類を提出して終了。
後日、正式な面談があるので電話にて日時連絡があると言われました。

時間にして30分ほどだったかと思います。

4月11日
すぐに連絡を頂けるとの事でしたが、10日ほど音沙汰がなく、審査が却下になったのかと思いましたが電話がありました。
同じような問い合わせの対応でかなり忙しかったのでしょう。

電話は、次の面談の内容ではなく、このまま電話面談するという連絡でした。

コロナウイルス感染拡大に伴い、対面での面談ではなく、電話面談になったそうです。

4月18日
借用書が届きました!

guesthouse-loan-0

4月20日
翌日、区役所に印鑑証明書を取りに行き、送られてきた書類に同封して返送しました。
現在は、連絡待ちです。

また進捗があれば更新します。

時系列

3月28日
電話で問合せ

4月1日
個人説明会、書類提出

4月11日
電話にて面談

4月18日
融資書類が届く

4月20日
書類の返送

現在
結果待ち

コメント

タイトルとURLをコピーしました