スポンサーリンク

1歳の幼児連れ北海道旅行ブログ【札幌~旭川・宿・レンタカー】

hokkaido-travel-with-toddler子連れ旅行

今回は、子供が1歳4か月のときに行った北海道旅行についての記事です。
その際に利用した航空会社、ホテル、レンタカー等の情報や、実際にどのように過ごしたかを書いています。

スポンサーリンク

スケジュール

・日程
2019年 7月8月~7月10日(3日間)

・ルート
神戸→千歳→富良野→旭川→札幌→神戸(飛行機とレンタカー)

・フライト日程
7月8日 神戸空港→新千歳空港 (スカイマーク SKY 171便)
7月10日 新千歳空港→神戸空港 (スカイマーク SKY 178便)

・詳細
初日は、早朝に飛行機で神戸空港から新千歳空港へ。空港からレンタカーで富良野→旭川滞在。
2日目は、レンタカーで旭川、富良野を再観光→札幌滞在。
3日目は、レンタカーで札幌周辺、支笏湖観光を満喫し、新千歳から飛行機で神戸へ。

出発日 神戸から北海道【飛行機、レンタカー、ホテル】

フライト 神戸から北海道

今回利用した航空会社は、国内旅行でよくお世話になっているスカイマークです。
スカイマークは料金がLCC並みですが、サービスもしっかりしています。
内容はJALやANAほどではありませんが、お値段以上なのでよく利用しています。

今回は、スカイマークのホームページから以下の内容で航空券を購入しました。

・2019年07月08日(月) SKY 171便 [予約番号:0412]
  神戸 発 08:45 → 新千歳 着 10:35 いま得

・2019年07月10日(水) SKY 178便 [予約番号:0412]
  新千歳 発 19:35 → 神戸 着 21:30 いま得

3か月前の4月上旬に早期予約「いま得」で航空券を購入したので料金も安く、大人4人+1歳児(無料)で往復65,760円(1人 片道8,220円)でした。
往路は朝出発、復路は夜帰りなので時間帯も良いのにこのコストパフォーマンス!
スカイマークはLCCではないので荷物代も込みの料金です。

今回は1歳4か月の幼児連れだったので、一応ベビーカーを持参しました。
実際に使うかどうかは別として、北海道ではほとんどレンタカー移動なのでそんなに邪魔にはありませんし、持っていて損はないと思います。
今回の北海道旅行では、結構使うことがあったので、今回はベビーカーを持参して良かったです。
レストランや飲食店等でも、子供椅子がない時にも椅子代わりになる事もあるので便利でした。

神戸空港のチェックインカウンターで持参したベビーカーを預けましたが、スカイマークは空港内の専用ベビーカーを無料で貸し出してくれます。

貸し出しベビーカーの写真を撮り忘れてしまいましたが、下写真は2018年の沖縄旅行の際に利用したベビーカーです。
今回も同じものを貸し出して下さりました。

skymark-okinawa-kobe-1

スカイマークの機内座席ですが、LCCほど座席前の間隔が狭くないので、子供を抱いていても苦痛ではありませんでした。

ちなみに今回は機内でスカイマーク限定のキットカットを頂きました。

skyamark-kitkat

2時間ほどのフライトで北海道の新千歳空港に到着しました。

北海道で利用したレンタカー

今回は、じゃらんnet経由でバジェットレンタカーを利用しました。

大人4人+幼児1人での旅行ですが、5人乗り乗用車で新千歳から旭川までの長距離移動となると結構疲れてしまうのではないかと思い、ワゴン車をレンタルする事にしました。
そのなかでじゃらんnetのバジェットレンタカーにてワンボックスカーお得なプランがあったので今回はそちらを利用する事にしました。

・レンタルしたプラン
【免責込】北海道2泊3日以上がお得なプラン! SCDW included discount offer!WA禁煙   
車両タイプ: ワンボックス
車両クラス: WAX ワゴン(8名乗)/禁煙
オプション: カーナビx1 ETC車載器x1 チャイルドシートx1
補償(任意加入): 免責補償(大型車・ワゴン車)
乗車人数:大人4 人 子供(6歳未満)1人

今回はじゃらんの限定クーポン3,000円分のクーポンも利用したので、かなりリーズナブルなレンタル料金でした。
お値段以上に快適な車でした。

ちなみにベビーシートは小さそうなので、今回はチャイルドシートをレンタルしました。
やっぱりチャイルドシートをつけてセダン車5人はきつそうだったので、8人乗りのワゴン車にして正解でした。

※料金は時期や予約のタイミングによっても変わると思います。

レンタカーで移動したルート(札幌⇔美瑛⇔旭川)

・おおまかな移動ルート

1日目 新千歳空港→富良野→旭川 
2日目 旭川→美瑛(富良野)→札幌
3日目 札幌→支笏湖→新千歳空港

・詳細

1日目 
午前10時半ごろに新千歳空港へ到着し、バジェット・レンタカー新千歳空港店で車をレンタルしました。
新千歳空港にある多くのレンタカー会社は、空港から5.5kmほど離れたレンタカー会社密集地帯で車をレンタルします。空港のすぐ近くからレンタカー乗車できるわけではないので、予定よりも時間がかかると思います。

新千歳空港からは、道東自動車道を利用して東(夕張、帯広方面)へ向かい、夕張からは一般道の237号線を一直線に北上して富良野へ向かいました。
途中でアイスクリーム屋に立ち寄ったので、富良野まで3時間ほどかかりましたが、通常であれば上記ルートなら2時間ほどで行くことが可能かと思います。
富良野観光を楽しんだ後は、さらに237号線北上して旭川に到着しました。
富良野から旭川までは約1時間ほどでした。
この日は旭川駅前のホテルに滞在。

2日目
旭川の旭山動物園を楽しんだ後、また1日目のルートを逆戻りで美瑛(富良野)に向かい、美瑛観光後は、237号線を南下して夕張からまた道東自動車道で西に向かい、札幌へ向かいました。
2日目の移動は、ほとんど初日のルートを逆戻りしただけです。
本当は別ルートでゆっくりと北海道の広大な道を楽しみながら札幌へ向かいたかったのですが、予想以上に時間が足りず、最終的には道東自動車道を利用しました。
この日は札幌の南区の一棟貸し宿にて滞在。

3日目
札幌市街地は何度か訪れた事があるので、郊外観光を楽しんだ後、453号線で支笏湖へ。
札幌から支笏湖までは50分ほどでしたが、札幌周辺は渋滞が起こるので、その場合はもっと時間がかかるかと思います。
支笏湖観光後、新千歳空港へ向かいました。支笏湖から新千歳空港までは16号線を通って、約50分ほどかかりました。

旭川と札幌で滞在した宿

今回、2泊3日の北海道旅行では、1泊目に旭川のホテル、2泊目に札幌郊外にある一棟貸しの宿に滞在しました。

旭川の宿『ホテルルートインGrand旭川駅前』

初日に旭川で滞在したホテルは、ホテルルートインGrand旭川駅前です。

本当は富良野や美瑛周辺に宿泊したかったのですが、7月上旬でちょうどハイシーズンに入った頃だったので、とにかく料金が高くて諦めました。
最近はインバウンドの影響もあり、この周辺の宿泊料は高騰している様です。
それにしてもあんなに土地が広い富良野で何故宿の数が少ないのでしょうか。
全国的に供給過多だといわれる時代にあの料金でやっていけるというのは羨ましい限りです。

話しは戻り、旭川に宿泊した理由は富良野や美瑛に近いという事と、旭山動物園に行くつもりだったからです。
そのなかで、ホテルルートインGrand旭川駅前を選んだ理由は、2016年にニューオープンという事で比較的新しい宿泊施設なので綺麗で旭川駅前という好立地、さらに料金もリーズナブルだった事です。
また、駅前にも関わらず駐車料金が800円と良心的でした(2019年7月現在)。

今回は、公式ホームページから「バイキング朝食付きのシークレットプラン」というプランを予約しました。

ちなみにベビーベッドを使いませんでした。
ダブルベッドの真ん中に子供を寝かしましたが、ベッドは平均的なものよりも少し高さがあると思うので、必要であればベビーベッドをお願いしたほうが良いかもしれません。
あと、当時はベビーベッドを用意可能なお部屋は、ツインルームのみだったかと思います(確かではありません)。

ホテルの写真を撮り忘れていたので、気になる方はホームページか宿泊予約サイトをご確認ください。


agoda-bar

札幌の宿『GardensResortときわ シャレー棟』

今回宿泊した一棟貸し宿『GardensResort(ガーデンズリゾート)ときわ シャレー』は最高に良かったです!
一棟貸しというよりも宿泊施設+広い庭付きなので、レンタル別荘地と言った方が良いかもしれません。

しかも敷地内はこんなに広い!
2階の寝室から撮影した写真です。

子供が喜ぶ滑り台や魚が泳ぐ池もあります。

周辺に家屋がないので夜10時まで備え付けの野外スピーカー音楽を流しても大丈夫との事でした。
昼間に大音量で米津玄師の「パプリカ」を流して、子供も大喜び。

建物内には寝室が4部屋、お洒落なダイニング&リビング。
お風呂も付いています。

なんと、全てオーナーさんの手作りです!
国内にもこんなに楽しい宿泊施設があったのか衝撃を受けました。
庭に野外駐車場もあり、さらには料金もリーズナブルで大満足のステイでした。

海外ではたまにこういうスタイルを見かけますが、これだけの自然豊かな敷地を丸々貸し切れるのは北海道ならではかと思います。
北海道でもかなり珍しいのかもしれません。

こんな宿を作ってみたい…

sapporo-rent-villa-8

このガーデンリゾートときわ シャレー棟は札幌の郊外(札幌市南区)にあり、札幌駅から車で約30分ほどでした。
周辺の観光名所は、札幌芸術の森美術館や芸術の森センター、滝野霊園内にモアイ像や安藤忠雄作の巨大仏像があります。

北海道(富良野、美瑛、旭川、札幌、千歳)で訪れた場所

今回は1歳4か月の幼児連れだったので、子供が喜びそうな場所を中心に観光しました。
レンタカーにて以下の場所に訪問しました。

・富良野、美瑛周辺
やなせたかしの店、ジャムおばさんのスイーツ工房、北の国から黒板五郎の家、ふらのワインハウス、とみたメロンハウス、ふくだメロン、ファーム富田、青い池、日の出ラベンダー園、富良野チーズ工房、ケンとメリーの木

・旭川
旭山動物園

・札幌郊外
頭大仏殿、モアイ像(滝野霊園)、支笏湖

・千歳
新千歳空港内のアミューズメント施設

その他に訪れたお勧めの場所などは次の記事にて書かせていただきます。

幼児連れ北海道旅行の感想

やっぱり北海道は、家族連れ、カップル、友人同士、一人旅、誰が言っても楽しめる場所です。

観光面は、大自然は勿論のこと、旭山動物園やアンパンマンミュージアムもあり、とても喜んでいたので、訪れたスポットは良かったと思います。

北海道はとんでもなく広い場所なので、行く場所によって人それぞれ感じ方が違うかと思いますが、基本的に車移動かと思います。

今回は、札幌から北海道中部の旭川までたった1日で移動しましたが、1歳ちょっとの幼児には1日車に乗りっぱなしは少しだけきつかったかもしれません。
長時間は疲労になりますし、今回は見たかったところも時間の関係で端折ってしまいました。
広大な北海道を旅行するときは、もっと時間をかけてゆっくりと移動したほうが絶対に良いと思います。

次の記事では、今回の北海道旅行で実際に訪れて良かった場所を書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました