スポンサーリンク

宿選びでゲストから最も重視されるもの【ゲストハウスの運営】

how-to-choice-guesthouseゲストハウス経営

今日は、ゲストハウス運営のことです。

お客様がゲストハウスを選ぶ時に最も重視するものについて書きたいとおもいます。

当施設にお越しくださるゲストのなかで、選んで下さった理由として最も多いのは以下の3つです。

・立地
・レビュー
・内装デザイン

立地
当施設は新幹線の駅の改札口から徒歩3分。
繁華街方面のバス停は徒歩1分で、地下鉄の駅も徒歩数分、もしくは徒歩で20分ほどです。
場所は繁華街のど真ん中というわけではありませんが、上記の公共交通機関を利用するゲストには便利な立地だと思います。

デザイン
ネット上で当施設の写真を見てくださり、内装のデザインが面白いと思ったからという理由で予約してくださる方も意外といらっしゃいます。
ちなみにうちは開業時の設備投資が予想以上にかかってしまったため、内装にはあまりお金をかけておらず、ほぼ妻の手作りです。

レビュー
嬉しいことに「レビューを見て良さそうだったので!」と言って下さるお客様も一定数いらっしゃいます。

スポンサーリンク

レビュー≠売上

review-score-detail

上の画像は、当施設のブッキングドットコムでのレビュースコアです。

クチコミ件数は約300件(書き込みから2年で消えます)、点数はここ2年ぐらいは9.2〜9.3です。
現在は新型コロナウイルスの影響でお客さんが激減しているので、クチコミの件数も約270件まで減っています。

予約サイトのレビューを見て、たまにゲストハウスをやりたいという方がわざわざ来てくださる事があります。もちろん興味を持っていただけるのはとても有難いことですが、うちの場合は決して参考になるグラフではありません。

確かに全体でみると、それなりの評価を頂いているように見えるかもしれません。
しかし、このなかで一番評価して頂いているのは「サービス」と「清潔さ」であって、施設面では当施設最低評価の9.1で留まっているのです。
逆に考えれば、少しでも努力を怠れば一気にスコアが下がる可能性もあります。

運営側からすると、一番良いのは何もしなくても満足して貰えるような宿を作る事だと思います。
しかしうちの場合は、設備には全て新設なのですが、他のレビュー得点と比べて高いわけではありません。
小さな建物なので、設備に関しては限界があるのも事実です。

施設スコアに関しては、共用スペースが小さかったことも一因だと思います。この事に関しては、今年頭から改善し、以前より共用スペースを広く使えるようにしました。
しかし、コロナウイルスの影響でレビューが全く増えていないので、評価が変わるかどうかはまだわかりません。

施設自体にもっと満足してもらえるように宿としてのクオリティをさらに上げる事ができないかと試行錯誤しているところです。

また、正直言ってサービス面は特別すごい事をしているわけではありません。
ゲストの思いやり評価かもしれないので、とても有難く思っています(笑)

また、お客様のなかには「結構儲かってるんじゃないですか?」と仰られる方がたまにいらっしゃいますが、実際の利益はどうかというと、儲かっていません。
今はコロナウイルスの影響で当然閑古鳥ですが、通常時でも生活ができるぐらいの収入です。

うちは全くドル箱宿ではないので、お金儲けしたい方はあまり参考にならないと思います。

また、宿泊したゲストのなかでもレビューって一部の人しか書き込まないものなので、レビュー件数と売上は必ずしも比例していません。

最も重要なものは立地

やはり宿運営で一番重要なのは立地だと思います。

リラックスする事が目的である旅館や高級ホテルなら話は別ですが、うちのようなバジェット型タイプの宿は、内装やレビューよりも立地で選ばれる方が圧倒的に多い事は間違いありません。

宿のクオリティ<立地です。

最も集客に直結するものは立地だと私は思っています。

うちは新幹線の駅が目の前で、地下鉄駅とバス停が徒歩数分圏内にあるため、それらを利用するゲストがお越し下さります。

しかし、集客が強いのはやはり繁華街のど真ん中でしょう。

例えレビューのスコアがいまいちでも、超がつくほど立地が良ければ、それなり集客は可能だと思います。(昨年ぐらいから宿の供給過多により、好立地でも閉館している所が増えていますが…)

ただ、好立地=家賃が高い。

持ち家なら家賃は発生しませんが、今回のようにコロナウイルス騒動が発生した場合は、家賃が高ければ固定費を維持できなくなってしまいます。

宿泊料金を下げて稼働率を上げようとしても、こんな時はお客さんが来ないので全くの無意味です。
どう固定費を下げて宿を維持するかだけだと思います。

逆に市街地から離れると家賃は下がりますが、宿の供給過多により激戦化している薄利のゲストハウスではあまり収益は見込めません。

うちの場合、家賃はそれなりに高いですが、繁華街の真ん中で運営されている施設さんと比べるとまだマシな方ではないかと思います。

それでも今回のコロナウイルスだけは先行きが見えず、いつまで堪えれるかはわかりません。

宣伝力の重要さ

最も重要なのは立地という事に変わりはないと思っていますが、全国には例外的に立地がベストではないにも関わらず、常にお客さんが入る施設さんがいくつかあります。

その違いは何なのかと考えてみたのですが、やはり宣伝力だと思います。

施設の大小関係なく、宣伝が上手な施設は、いつでもある程度の集客数があります。

テレビ番組もそれなりの反響があるようなのですが、一番影響力が大きいのはブログやSNSだと思います。
テレビの場合は一瞬ですが、ブログやSNSはいつでも見る事ができます。

当施設はどうなのかと言うと、今まで宣伝にはあまり力を入れていませんでした(汗)

良い宿を作ればいつか自然とお客さんが増えると頑張っていましたが、最近はそれだけでは足りないと感じています(おそっ!)。

インスタグラムやフェイスブックページはありますが、更新は数週間から数か月に1回ペース。
ツイッターに関しては最近になって、やっとアカウントを作成しました。

うちもたまに「インスタグラムを見て予約しました!」と言って下さるゲストもいらっしゃいます。

しかし、一番効果があるのは、宿紹介サイトや観光案内サイトで紹介される事だと思います。

旅行好きな人やゲストハウスに興味のある人、宿を探している人は、ほぼ必ずと言っていいほど一度はそういった紹介サイトを見ていると思います。

また、観光案内サイトや宿紹介サイトは、SEO対策もしっかりとされているので検索すると上位にヒットします。
そこに載せてもらえれば圧倒的に有利です。

さらには写真もプロ並みなので、実物以上に良く撮影してくれると思います。
同業者の私でも泊まりたいと思いますし、実際に滞在したこともあります(笑)

うちも取り上げてもらえるように努力しなければ…

最後に

現状況では、できる事が限られています。

宿を始める前に2年ほど物件を探したなかで、固定費の維持も考えた結果、この場所を選んだつもりだったのですが、今回のような事態は予想外でした。

ただ、今回の件で今まで気づかなかったものに気づいた事も多々あります。
いずれ試してみたい事もできました。

まずはコロナウイルスが終息しなければ。
早くワクチンと治療薬ができる事を切に願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました